2008-09-07

Visual Studio 2008

ようやくVisual Studioを 2008に更新しました。
2005のアンインストール、2008のインストール、SP1適用と随分時間がかかります。
 
新しくなって .NET関係では随分と拡張があったようですが、Win32 APIを使ってスマートデバイス向けのプログラムを作る分には何も変化がありません。 プロジェクトのテンプレートもそのままですね。
 
 
にも関わらずスマートデバイス向けの開発は Professional Edition以上でないとできなくなっているので注意が必要です。
むしろ Express Editionでも開発できるようになれば もっとWindows Mobileが盛り上がると思うのですが...。
 
ところで Visual Studio 2008で以前のプロジェクトを開いたところ、IntelliSenseが効きませんでした。
しばらく悩んでいたのですが、MSDNでこんな記事を発見。
 
C++ プロジェクトでの IntelliSense のトラブルシューティング
C++ プロジェクトでの IntelliSense のエラーに対処するには
  1. Visual C++ プロジェクトにコンパイル エラーがないことを確認します。
    1. プロジェクトがメイクファイル プロジェクトの場合は、「方法 : メイクファイル プロジェクトで IntelliSense を使用可能にする」を参照してください。
  2. stdafx.h がインクルード パスに含まれていることを確認します。Visual C++ プロジェクトのインクルード パスの詳細については、「#include」および「/I (追加インクルード ディレクトリ)」を参照してください。
  3. ソリューションに、C++ のマネージ拡張とマネージ C++ の新しい構文の組み合わせが含まれている場合、構文の種類に基づいてソリューションを複数のソリューションに分離します。
  4. 前の手順では IntelliSense エラーを解決できない場合は、ソリューションの .ncb ファイルにエラーがある可能性があります。
    1. .ncb ファイルをコピーし、製品サポート サービスに連絡します。Microsoft にテクニカル サポートを依頼する方法の詳細については、「マイクロソフト サポートのヘルプの表示 (Visual Studio)」を参照してください。
    2. ソリューションの .ncb ファイルを生成し直します。
.ncb ファイルを生成し直すには
  1. ソリューションから .ncb ファイルを削除します。
  2. ソリューションをビルドし直します。
開発環境によって、ソリューションの .ncb ファイルが自動的に生成し直されます。
 
古い .ncbファイルを削除してからプロジェクトを開きなおすことで無事に IntelliSenseが動くようになりました。
 

0 件のコメント: