2007-10-06

PC新調

2週間ほど前に約6年間使っていた自宅用のPCが壊れてしましました。
 
借り物のPCがあるとはいえ いろいろ不便な思いをしていたのですが、昨日 ようやく新しいPCが届きました。
 
新しいPCは富士通のBIBLO MG75XNです。
地上波デジタルも来ていない田舎に住んでいるので、直販サイトでワンセグユニットを省いて安くあげました。
 
思えば就職して一番最初に買ったのも富士通のパソコンでした。
そしてその時に持っていたのは DDIポケットのPHS...。
 
なんだか感慨深いですね。初心に戻って精進したいものです。
 
 
そんな新しいPCですが、開封してすぐに プリインストールの Windows Vista Home Premiumを消して Windows Vista Ultimateをクリーンインストールしました。
ドライバ類を全て添付してくれている富士通は素晴らしいですね。
 
ところがアプリケーションディスクのドライバ類を全て入れたはずなのに 不明なデバイスが 2つ残ってしまいました。
 
激しくニッチな情報ですが、同じ事で悩んでいる人(いるの?)のために一応書いておくと、 1つはインジケータ表示で使用している FUJ02B1、 もう1つは富士通拡張機能ユーティリティで使用している FUJ02E3でした。
 
それぞれデバイスマネージャからアプリケーションディスクのIndiutyフォルダ、Fjextutyフォルダを指定してドライバの更新をすることで認識できます。
 
ちなみにキー配列は Windowsのインストール時に英語配列を選びました。
英語配列を選べるPCとなると限られてくるのですが、 どうせキートップは見ないと思うと日本語配列のモデルを買って英語配列で使うのもアリなのでは無いでしょうか。
何より選択肢が広がりますよね。
 
次にレジストリを追加してCapsキーを Ctrlキーに変更します。
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,03,00,00,00,1d,00,3a,00,00,00,00,00,00,00,00,00
尚、元のCtrlキーも Ctrlとして利用しています。
 
設定内容はわかりにくいのですが、内容を詳しく説明してくれているページがありました。  
あとは Visual Studioと Windows Mobile SDKを入れてひとまず完了。
続きは連休を使って少しずつ整備していきます。
 

0 件のコメント: