2008-02-15

Vista SP1

Windows Vista SP1の先行配布が始まりましたね。
今のままでも特別困っている部分は無いのですが、ネタもないことですし早速インストールしてみました。
 
インストール開始時に「1時間以上かかる場合があります」と案内されていましたが、自分のマシン(富士通 FMV-BIBLO MG75XN)でもきっかり1時間と2分かかりました。
 
 
「特に問題もなく...」と言いたかったのですが、インストール後に 2つほど困った事がありました。
 
1つ目は、富士通製の「Shock Sensor Utility」ユーティリティが動かないこと。
 
 
ほとんど持ち歩くことのないPCなのであまり問題はないのですが、ちょっと気になります。
(03/07 追記)
V2.0L10 アップデートパック U001を使用することで問題なく利用できました。

 
2つ目はこの文章を打っている時に気がついたのですが、英字配列に変更していたキーボードが日本語配列に戻されていました。
このあたりは前の設定を引き継いで欲しいですよね。
 
今のところそれ以外の不具合はありません。
(逆にメリットもそれほど感じませんが...)
ツールやドライバの類も Windows Updateで配布される頃には対応されている事でしょう。
 
Windows Updateと言えば、こんなものもありましたね。
 
 
SP1とまでは言いませんが、こちらでも何か配布して欲しいですよね。
個人的には Todayプラグインの設定ダイアログで日本語が入力できない問題を何とかして欲しいのですが...。
 

0 件のコメント: