2007-09-15

CAMモードの効果?

先日、WifiInfoで無線LANの省電力モードを省電力モード(Max PSP)から通常モード?(CAM)に切り替えられるように変更してみました。
 
ところが Webページを見ている限りでは あまり違いを感じられません。
 
YouTubeだと どちらの設定でもカクカクですしね...。
 
やはりプラシーボ効果だったのかと思っていましたが、 今日になって Skypeの音声通話をすると差が感じられるような気がすることに気が付きました。
これもプラシーボ効果かもしれませんが...
 
Webの閲覧では違いが分からなかった方も是非 Skype Test Callに発信してみてください。
尚、Skypeで音声通話をするときは ChgSndOut.exeをお忘れなく。
 
ちなみに MSDNによると CAMは "continuous access mode"の略ということですが、 Ciscoの資料を見ていると "constantly awake mode"と書かれていました。 どちらにしてもあまり聞きなれない言葉ですね。
 

0 件のコメント: